Vive推奨PCスペック

VRゲームが快適にできる最強グラフィックボードGTX1080の性能

GeForce GTX1080はNVIDIAの最新アーキテクチャ「Pascal」を携えた高性能なグラフィックボードです。GTX900シリーズから一新されたアーキテクチャは主にVR、高解像度により最適化されながら基本性能も高く向上したグラフィックボードです。

このGTX1080の主な特徴として、動作クロックが旧世代よりも大きく性能を上げています。またグラフィックメモリにGDDR5Xを採用しており10Gbpsといった最大転送速度を誇るようになりました。DirectX12にも最適化されておりWindows10との相性も良いです。

性能の向上比としてはGTX980Tiよりも約20%近くは全体的に性能が向上しており高いベンチマークを記録する結果も出ています。そしてGTX980 SLI接続のパフォーマンスにも近いスコアを叩き出すのでいかに優れたグラフィックボードであるかがわかると思います。

FF14のベンチマークではフルHD解像度で約2万近いスコアを叩きだして、2560×1440といった2K解像度でも13000以上と非常に快適判定がでます。そして3840×2160といった4K解像度においても6000以上のベンチマークスコアを記録。

GTX1080はオーバークロック性能にも秀でているとされています。今後、正式にオーバークロック対応がモデルがでればシングルコアでGTX980 SLI接続よりも良いスコアを叩き出す可能性も秘めています。

GTX1080をまとめてみると…

さすがにシングルではSLI接続の性能を抜くことはできませんが大差のないスコアを叩き出すことからわかるように2枚刺しに近い性能を一つのグラフィックボードで出すことができます。そして注目したいのがそれだけの性能を誇りながら消費電力がGTX980と同等程度になっていること。電気代が高くなるPCゲーマーにとって省電力設計で高性能なのは本当に有り難いの一言に尽きます。

今後のゲームはDirectX12対応ゲームも続々と登場します。そしてVRコンテンツも今以上に充実してくるでしょう。そんな次世代ゲーム世界を存分に満喫したい方におすすめできるのがGTX1080になります。

トップへ戻る

VRについて